2014年10月26日日曜日

鯛車教室とカワイイお客さん


 

 

 

 




鯛車復活プロジェクト・秋の鯛車教室が始まった。









真剣に色を塗る








プロジェクト代表の野口さん













































鯛車教室。

本当に大好きな空間。



教室が始まるたび

鯛車を通して、新しい出会いがあり

そしてお馴染みのメンバーとまた会える。

幸せなことだなーと思う。







お孫さんと一緒に参加の川端先生



お孫さんのために鯛車をつくる方も大勢来られます










教室終了後


今日は鯛の蔵の当番。



こちらが「鯛の蔵」


この看板が開館の目印







夕方、ひとりで日誌をつけていると





なんだか視線!









家政婦?




見た!?








鯛車が好きなの?









閉館間際のカワイイお客さん!









またおいでね☆








「鯛の蔵」巻文化会館正面入口前
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
毎週土曜日:13時〜17時
毎週日曜日:9時〜17時まで開館
好評企画「高橋哲男展」を2Fで開催中
※11月23日(日)まで
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー






2014年10月5日日曜日

『夏のまち歩き 町あるき編』











続きましてご一行は、車で角田浜へ移動。










乾いた喉をジュースで潤すため

民宿・浜茶屋『角田屋』さんへ。










ここはどうしても案内したかった場所。

灯台が見え、目の前に海。

そして佐渡が見えるお座敷での休憩。






 







特に珍しいわけでもなく、当たり前な空間だけど

やっぱり、海のある巻ならではの贅沢な空間。





新潟の新聞を見ながら盛り上がる東京メンバー



茶屋の中は気持ちの良い海風が通る










そして、再び巻の町へと戻り

今度は巻の町なか歩く。



歩いている途中、

またもや、突如ストップ。




??





何かに食いつくメンバー。

民家のガレージに差し込む光が何かに見えるらしい。

「光をつかんでみて」など?

何やらはじまった!






何が見えていたのか、この二人のみぞ知る。


それもそのはず、今回のメンバーは

東京で明かりを使ったデザインのチーム

「光彩照明デザイン工房」のメンバーの方々

TAKE place /http://tok-led-artfest.net/works/works-public/take_place/



様々な分野の方達とのまち歩きって

目線が様々で、本当に面白い。













にいだやさんをお邪魔して





かわいい手ぬぐいがいっぱいある!


野衣さんのワークショップを見学

.








新ときわさんで海鮮カリーナをいただき

(カリーナの写真がないのが残念・・)





気軽にお座敷でご飯を食べれるのが魅力。
「レストランときわ」さん





帰りは萬屋さんで「めで鯛ザー」をゲットし、




 


良い飲みっぷりの長野君!


 

 


 
つづいて
 
鯛車焼きでも食べましょう~と






しかし、お休みー・・


諦めきれず中を覗き込む・・






では、一成さんの隣にある、我が中吉川APへようこそ!






左下にあるのは、長年、東浦通りを照らし続けてきた街灯。この日が最後のお仕事。
今年に入り段々とLED照明に切り替えられていていっています。

こちらが、新人さん!


中吉川APをご案内




まあ、

ざっとこのようなコースでした。


お決まりの鯛の蔵での記念写真。





お昼を含めて4時間ほどで、

巻の町の「ハレ」と「ケ」を味わえる

「オリジナル浜MIXコース」




ご要望があればいつでもご案内させていただきます!

是非、一緒に歩きましょう☆