2014年12月31日水曜日

蓄えの年





2014年が


あともう数時間で終わる。




今年は私たちにとって、飛躍のための

蓄えの年であったと思っています。






まち歩きのイベントは開くことが出来なかったけれど

私たち自身が改めて、このまちの魅力を考え、

何が今、巻のまちの強みであるのかを

今一度客観的に考え直すことが出来たように思っています。








巻の春は・・・




田んぼに水が張られると響き合うカエルの鳴き声


いっぱいの日差しを浴びて稲が背を伸ばしていく


春の透き通った青空と凛々しくたたずむ中吉川の煙突
 
八重桜が舞い散る中、銀色のバスが五ヶ浜の集落を通過する

柿山の高台から望む越後平野








夏には・・・



 
 
巻夏祭りの夜

佐渡島に沈む日本海の夕陽


漁船が夕陽の中を静かに進む

夕暮れの浜辺



涼しい風が通り抜ける夏の浜茶屋

 

鯛車と一緒にお墓参りをする光景
 







秋になれば・・・





角田山に夕日が沈んだ後、天いっぱいにダイナミックな雲が広がり、鈴虫の鳴き声が響く

鯛の宵。夕暮れには町いっぱいに鯛車の明かりが燈される





秋の収獲も終わった頃の角田山麓の夕景

刈られた稲穂が香る竹野町~伏部の柿山から城山を望む

キンモクセイが香り、コスモスが咲き誇る民家の軒先







そして、長い冬・・・





雪化粧の角田浜へ続く矢川橋の道

雪の中、福井の村にやってきた移動式販売の車

雪の中ぽつんと哀愁漂う、冬の浜茶屋


雪の西川で西蒲方面隊消防出初式が行われる





こんな、何ともでもない日常の景色。

見飽きたようなあたり前な景色が、実は本当は面白く、

もっと大切にしていかなければいけないのかもしれない。





かもしれない!




来年は「ハレ」の部分と、

こんな日常の「ケ」の部分を

上手くMIXしたまち歩きを開催できたらいいな~。




来年も巻のまちに幸あれ!