2016年1月13日水曜日

気付いた!











気付いたこと







夜に雪が降ると、





























中吉川さんの蔵の煙突が

ものすごくキレイなことを!





煙突の周りを雪がゆらゆらと揺れて

まるでスノードームを見ているよう





雪が降る夜には是非煙突を見上げてみてください!







2016年1月2日土曜日

お正月










今年のお正月は本当に暖かい。

そして夕方は時折、青空や夕焼け空が顔を出したり、隠れたり。

こんなお正月は今までなかった。。






















雪が無くて、とても過ごし易いけれど、

根っからの巻ぜぇごもんとしましては

冬はやっぱり雪化粧のされた白い角田山がやっぱり見たくなる。。









世間ではお正月休みもあとわずか

Uターンラッシュといったところでしょうか。























葉牡丹。









花言葉は

「利益」「慈愛」「物事に動じない」「祝福」「愛を包む」など。




「慈愛」「愛を包む」などの意味としては、

真ん中部分に何か「良いもの」を「包む」ような形状からの由来の花言葉だそうです。

ちなみに「利益」はキャベツの花言葉と一緒。

※キャベツの仲間であるため同じ花言葉だそう。

    こちらもやっぱり中心部に利益になるような「宝物」が入っているような形だから。










・・・

だそうです。
















以上!笑











2016年は「祝福」「慈愛」に満ちた年になりますように。



















松飾りが気になるヒト













新年












新年おめでとうございます!




今年も巻のまちの中にあるごく普通の日常風景を

このブログでは紹介していきますので

本年もどうぞよろしくお願い致します。







さて、早速少し遡ってしまいますが

大晦日の晩の巻の光景。








紅白歌合戦も終わりごろ、

街にはちらほらと人が出掛け始めます。









片手には注連縄や、御札を持っている人もいます




まちが少しずつ賑やなってきましたした



神社に参拝客が集まり始めてきました
























  




















































こんな遅い時間に、こんな大勢の人がまちを歩いている光景は、

後にも先にもないこの日だけのこと。




冷たくて清々しい空気、お寺から聞こえる除夜の鐘の音。

大晦日の夜は、迎える年への期待や高揚感のなかに

どこか慎ましくて、また何となく、刻一刻過ぎ去っていく時間がやけに尊いような、

この日ならではの特別な気持ちになったりして、

頭の中でグルグルと色々な考えを回らせたり。






















妙光寺さんで除夜の鐘をつかせていただき、

巻神社では大勢の参拝。







神社の境内は、年が変わる頃には参拝客でとても賑やか。

























スルメを焼く光景も昔から変わらない。






子どもたちにとっても、

遅くまで大人と騒いでもいい特別な時間。




こういう特別な時間をカラダで感じるって、やっぱり大切だなと、

改めて感じた新年最初の夜でありました。